© 2023 by Kathy Schulders. Proudly created with Wix.com  

安心して働ける、ハラスメントのない職場づくり

一般社団法人 ハラスメント対策協会です。

セクシャルハラスメントには様々な形態がありますが、性別や性的なことに関連して相手が嫌がることをする事がセクハラに該当すると考えられます。

例えば、上司が部下に対して、執拗に交際を迫ったり体に触れたりする行為は典型的なセクハラですが(男性が女性に行うとは限りません)、相手が嫌がっているのに卑猥な言葉を聞かせること等もセクハラになります。

こうしたセクハラを防ぐために会社や組織として予防措置をとることが大切ですが、具体的な対策以前の問題として組織の中にセクハ...

前回はセクシャルハラスメントの定義と類型についてお伝えしましたが、

今回は事業主の措置義務について解説します。

社内でセクシャルハラスメントが発生した場合は、個人間の問題だけでなく会社の事業主も責任を問われることになります。

事業主は、労働者が安心して働けるように職場環境を整える義務があるのです。比較的規模の大きい企業の場合は、実務的には総務人事部門が中心となって社内の環境整備を推進する必要があります。

こうした事業主の責任に関して、厚生労働大臣の指針(平成18年厚生労働省告示第615条)では、事業主が雇用管理上で講ずべき措置を以下のように...

セクシャルハラスメントは、どこの職場でも起こり得る身近な問題ですね。

個人的な問題として放置せず、会社や組織においてきちんと対応することが必要です。

今回は、職場のセクシャルハラスメントについて解説したいと思います。

(法令)

男女雇用機会均等法という法律で、セクシャルハラスメントの定義や事業主の措置義務が定められています。

この法律で定められたセクシャルハラスメントには2種類あります。

(2つの類型)

一つは、対価型セクシャルハラスメントというものです。

例えば、職場において上司や他の労働者などから性的な言葉や行動を受けた人(被害者)が、その言動...

令和2年1月15日に、パワハラ防止法(労働施策総合推進法)に基づくパワハラ指針(事業主が職場における優越的な関係を背景とした言動に起因する問題に関して雇用管理上講ずべき措置等についての指針)が公表されています。

今回は、このパワハラ指針について解説いたします。

まず、職場のパワーハラスメントとは何かという定義について、指針では以下の3つを満たすものとしています。

職場において行われる

1.優越的な関係を背景とした言動であって

2.業務上必要かつ相当な範囲を超えたものにより

3.労働者の就業環境が害されるもの

この定義では3つの要素が揃っていない場...

パワハラ防止法?

こんにちは、ハラスメント対策協会の田畑です。ご覧いただき、ありがとうございます。

今日は、パワハラ防止措置の法制化の話です。

令和元年の5月29日に、パワハラ防止措置を企業に義務付ける法律が成立しています。

この法改正について振り返ってみたいと思います。

法律としては「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(略して、女性活躍推進法といいます)」が関連しますが、以下のような3つが主な改正点です。

1 一般事業主行動計画の策定義務の対象拡大
 一般事業主行動計画の策定・届出義務及び自社の女性活躍に関する情報公表の義務の対象が...

October 27, 2018

2018年度の主要メニュー

有期契約社員を雇用 ⇒ 正社員化と賃金アップ5%で、1名につき57万円支給

50歳代のパート社員 ⇒ 無期雇用転換(定年まで)で、1名につき48万円支給

就業規則、人事・賃金・評価制度、勤怠管理システムの導入など ⇒経費3/4補助や実質無料も

いちばんやさしい助成金セミナー(銀座)の、A日程:8月27日(月)14:00 ~ 15:30 とB日程:9月4日(火)14:00 ~ 15:30 のうち、ご好評につき B日程: 9月4日(火)分の受付を終了させていただきます。

A日程:8月27日(月)14:00 ~ 15:30 はまだお席がありますのでご参加可能です。ご希望の方は、メールで(a-tabata@protean.tokyo)へ「A日程の参加希望」というタイトルでお名前をご連絡ください。よろしくお願いいたします。

(こくちーず

3カ月ぶりに銀座で助成金セミナーを開催いたします。

今年度の注目助成金について、難しい用語や複雑な仕組みの説明を見直して、できるだけわかりやすく簡単に解説します。

以下の要件に当てはまる会社の経営者の皆様、ぜひご参加ください。貴社にて活用できる助成金メニューが見つかる可能性が高いと思います。

(要件)

・社員が一人以上いる。

・雇用保険、社会保険(健保・厚生年金)に加入している。

・残業代をきちんと支払っている。

日時:A日程もB日程も同じ内容です。

 A日程:8月27日(月)13:45受付開始、14:00~15:30 

 B日程:9月 4日(火)1...

今年4月に開業しました人事・賃金・評価制度の専門会社である人事評価総研㈱のwebサイトを開設しました。

中小企業向けのセットメニューをご用意し、比較的短期間にリーズナブルな価格で制度設計をいたします。

Please reload

  ご覧いただき誠にありがとうございます

 当事務所は、企業や各種組織のハラスメント対策に関する支援を行っています。

 各種ハラスメント対策研修、企業の実情にマッチした就業規則の作成、相談窓口の設定など、お困りの場合はお気軽にご相談ください。(初回相談無料)

  代表 社会保険労務士・中小企業診断士

   (社)ハラスメント対策協会 理事長

            田畑 明 

 

Last Posts
Please reload

代表者ブログ(ameblo)リンク

https://ameblo.jp/tabata-sr

​専門家サイトSHARES

https://www.shares.ai/site/tabata-sr