厚生労働省より、雇用調整助成金の申請手続の更なる簡素化(概要)について5月6日に公表されています

5月6日時点では細部についてはあきらかになっていませんが、助成金額の計算方法が変更になる(簡素化)とのことです。



<助成額の算定方法の簡素化>   1.小規模の事業主(概ね従業員20人以下)について、「実際の休業手当額」を用いて、助成額を算定します。 ※ 「実際に支払った休業手当額」×「助成率」=「助成額」とします。 2.小規模の事業主以外の事業主についても、助成額を算定する際に用いる「平均賃金額」の算定方法を大幅に簡素化します。 (1) 「労働保険確定保険料申告書」だけでなく、「源泉所得税」の納付書を用いて1人当たり平均賃金を算定できることとします。 ※ 源泉所得税の納付書における俸給、給料等の「支給額」及び「人員」の数を活用し、1人当たり平均賃金(「支給額」÷「人員」)を算出します。 (2) 「所定労働日数」を休業実施前の任意の1か月をもとに算定できることとします。

【参考:現行の「平均賃金額」の算定方法】    平均賃金額 = A÷B÷C      A:労働保険料の算定基礎となる「年間賃金総額」      B:前年度における「月平均被保険者数」      C:前年度における「年間所定労働日数」(1人当たり)



補足:

(2)の変更については詳細が出ないとわからない点があります。恐らく、支給要領や申請書類についても見直しがあると思います。


要件が段階的に変わっているので、これから申請する場合は明日以降の厚生労働省の発表を待って対応しましょう。



​人事労務管理の課題はお気軽にご相談ください。

TEL TEL 03-5322-4251

初回相談無料

平日 10:00~17:00

人事評価総研株式会社

(社労士事務所併設)

助成金の活用と労務管理の総合サポート

〒163-0532 東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル32階

TEL 03-5322-4251/FAX 050-3488-3823

E-Mail : a-tabata@protean.tokyo

  • facebook
  • twitter
  • Instagram
header_logo_mhlw.png
ryoritsu_201x62.jpg

© 2023 by Kathy Schulders. Proudly created with Wix.com  

まずは無料で相談してみませんか?

​ 初回60分無料です。

実はこういうことで困っています。こういう場合はどうすればいい?

​など、お気軽にご相談ください。

TEL 03-5322-4251

平日 10:00~17:00