働き方改革の目標である労働生産性の向上のために、助成金についても労働生産性が上がると金額がアップする仕組みが取り入れられました。

助成金を申請する事業所が、以下の式で算出される生産性について一定の要件を満たすことによって助成金の額が割り増しになります。

計算式の分子のところは企業の付加価値を示すものです。

なお、この式の中の人件費というのは従業員給与をいい、役員報酬は含めません。

生産性の要件というのは、助成金の支給申請を行う直近の会計年度における生産性が、その3年度前に比べて6%以上伸びていることです。

または、申請する直近の会計年度の生産性が3年度前に比べて1%以上(6%未満)伸びていて、金融機関から一定の「事業性評価」を得ていることです。事業性評価というのは、都道府県労働局が申請事業所の承諾を得た上で与信取引等がある金融機関に対してその事業の見立て(成長性や強みなど)を照会した結果により割り増し支給の判断をすることをいいます。

厚生労働省のホームページに「生産性要件算定シート」というものがあり、このシートをダウンロードして数値を入れると生産性が計算できる仕組みがあります。

少々面倒に思えますが、助成金がアップする可能性があるのできちんと計算しましょう。

#田畑明 #助成金

​人事労務管理の課題は私にご相談ください。

企業の人事部長や労組役員の経験など、

30年を超える人事労務管理の実績が強みです!

TEL 050-5237-1472

​お電話お待ちしております

平日 10:00~17:00

「ホームページを見た」、と一声をおかけください!

人事評価総研株式会社

(併設:社労士事務所プロティアンコンサルタンツ)

 代表取締役 田畑 明

 特定社会保険労務士・中小企業診断士

〒160-0022

東京都新宿区新宿2-13-10武蔵野ビル5階ハローオフィス22

TEL 050-5237-1472 FAX 050-3488-3823  E-MAIL:  a-tabata@protean.tokyo

  • facebook
  • twitter
  • Instagram

人を活かし、会社を発展させる、人事労務管理のトータルサポート

header_logo_mhlw.png
先生の選び方2020年evangelistバナー560×100.png
ryoritsu_201x62.jpg

© 2023 by Kathy Schulders. Proudly created with Wix.com  

まずは無料で相談してみませんか?

​ 初回60分無料です。

実はこういうことで困っています。こういう場合はどうすればいい?

​など、お気軽にご相談ください。

TEL 050-5237-1472

平日 10:00~17:00