◆改正、育児・介護休業法と就業規則の改訂


 育児・介護休業法が改正され、令和4年4月1日から3段階で施行されます。



 主な内容は以下の通りです。


  1.雇用環境整備、個別の周知・移行確認措置の義務化

 

  2.有期雇用労働者の育児・介護休業取得要件の緩和


  3.産後パパ育休(出生時育児休業)創設

 

  4.育児休業の分割取得


 就業規則の見直しも必要になりますので、


 事前の準備をお勧めします。


 なお、


 厚生労働省より、以下の資料が公開されています。


 育児・介護休業法改正のポイント

 https://www.mhlw.go.jp/content/11900000/000789715.pdf


 育児・介護休業等に関する規則の規定例

 https://www.mhlw.go.jp/content/11909000/000850154.pdf