◆「副業・兼業の促進に関するガイドライン」


 副業・兼業について、厚生労働省は平成30年1月改訂のモデル就業規則において


 「労働者は、勤務時間外において、他の会社等の業務に従事することができる。」


 との記述があり、基本的に副業や兼業を推進する方向になっています。





 これは、人生100年時代と言われる中で労働者の多様なキャリア形成を進めるなど、


 社会全体のメリットを意識したものと考えられます。


 しかし、副業・兼業には、労働時間の管理や健康管理、秘密保持や協業禁止などの


 課題もあるため、様々な検討がなされています。

 

 厚生労働省では、「副業・兼業の促進に関するガイドライン」(平成30年1月策定)


 を改定し、労働時間管理等のルールを示しています。


 今後、このルールに基づいて副業・兼業を推進する施策が進められるものと思います。


 企業においては、こうしたルールを参考にして従業員の副業・兼業についての


 対応や管理方法などを検討しておくと良いでしょう。

 


■ガイドラインはこちらに掲載しています

 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000192188.html

​人事労務管理の課題は私にご相談ください。

企業の人事部長や労組役員の経験など、

30年を超える人事労務管理の実績が強みです!

TEL 050-5237-1472

​お電話お待ちしております

平日 10:00~17:00

「ホームページを見た」、と一声をおかけください!

人事評価総研株式会社

(併設:社労士事務所プロティアンコンサルタンツ)

 代表取締役 田畑 明

 特定社会保険労務士・中小企業診断士

〒160-0022

東京都新宿区新宿2-13-10武蔵野ビル5階ハローオフィス22

TEL 050-5237-1472 FAX 050-3488-3823  E-MAIL:  a-tabata@protean.tokyo

  • facebook
  • twitter
  • Instagram

人を活かし、会社を発展させる、人事労務管理のトータルサポート

header_logo_mhlw.png
先生の選び方2020年evangelistバナー560×100.png
ryoritsu_201x62.jpg

© 2023 by Kathy Schulders. Proudly created with Wix.com  

まずは無料で相談してみませんか?

​ 初回60分無料です。

実はこういうことで困っています。こういう場合はどうすればいい?

​など、お気軽にご相談ください。

TEL 050-5237-1472

平日 10:00~17:00