◆令和4年版過労死等防止対策白書


 令和4年10月21日(金)に、労働基準局より、


 令和4年版過労死等防止対策白書が公開されました。



 「過労死等の防止のための対策に関する大綱(令和3年7月30日閣議決定)」


 に基づき、


 新型コロナウイルス感染症やテレワークの影響に関する調査分析等についても


 報告されています。


 (以下、関連部分の抜粋)

 -------------------------


 第3章 過労死等をめぐる調査・分析結果


 〇新型コロナウイルス感染拡大による収入の変化とうつ傾向・不安(K6)をみると、


  「収入不変」の層に比べて、「収入減少」の層、「収入増加」の層のいずれも、

 

  うつ傾向・不安がある者の割合は高くなっていた


 〇1日の平均的な睡眠時間別にうつ傾向・不安(K6)をみると、

 

  睡眠時間が「7~8時間未満」で最もうつ傾向・不安がある者の割合が低く、


  それより睡眠時間が減少するにつれてうつ傾向・不安がある者の割合が


  高くなる傾向がみられた


 〇1週間当たりの実労働時間が 40 時間以上の者について、


  世帯の状況(配偶者の有無、同居人の有無)別にうつ傾向・不安(K6)をみると、


  配偶者の有無別では「配偶者あり」が、


  同居人の有無別では「2人以上の世帯」が、


  それぞれうつ傾向・不安がある者の割合が低かった


------------------------------


 等となっており、収入の変化、睡眠時間が短い、単身世帯、


 では、うつ傾向・不安の割合が高くなる傾向があるようです。


 このような分析も参考に、日頃から心身の健康に留意しましょう。


 詳しくは、こちらをご覧ください。

 

 令和4年版過労死等防止対策白書

 https://www.mhlw.go.jp/stf/wp/hakusyo/karoushi/22/index.html